コテで塗床作業

工場フロアの塗床工事

塗床(ぬりゆか)とは?

塗床(ぬりゆか)」といっても、少し聞き慣れない言葉かもしれません。

もちろん「床を塗装する」ということです。一般的な家庭や店舗などでは、床はほとんどフローリングやパネル、カーペット、タイル、長尺シートなどの貼り物です。

しかし、工場や厨房、公共施設や倉庫、駐車場などのコンクリート土間では貼り物は使われません。耐久性があり、防水・防塵・耐油・帯電などの用途にあった材料・工法を使用した「塗床」が施工されることが多くなっています。

また、大規模な建物や外部につながる通路などで、常にメンテナンスを必要とする場合は、主に「塗床」が採用されています。

工場の塗り床

群馬県E社工場床

厨房の塗り床

上越市C病院厨房床

用途に応じた塗床の工法

塗装といえばペンキ(水性)と思われがちですが、塗床では主に樹脂(油性)を使用します。

樹脂と言ってもさまざまな種類があり、用途や工法に応じて使い分けが必要になってきます。

また、ペンキを塗る場合は、ハケやローラーを使用するのを誰もが想像できますが、樹脂を塗る場合は工法に応じてハケやローラーはもちろんのこと、コテやレーキなどといった物も使って的確な作業を行います。

「床を塗装する」だけではなく、用途に応じた機能的な床を予算に合わせて、的確な工法作業で「床を作る」ことが「塗床」です。

詳細は用途に合せた工場塗床のご提案をご覧ください。

樹脂モルタル工法で早く、強く、薄く、美しく床を補修できます

アスク新潟が得意とする樹脂モルタル工法は、塗床補修の工期を早く終わらせることが可能です。

例えば、機械の入替時に併せて工場の補修を行うことがあります。

その場合ネックとなるのが、工期です。工場の他の箇所と比べて床の補修は時間がかかります。

コンクリートで床の凹み、傾き等を直す場合1か月以上かかりますが、弊社の樹脂モルタル工法であれば半分以下の工期で補修が可能です。

また、コンクリートでは難しい、厚さ数ミリからの施工・補修が可能です。


アスク新潟の塗り床改修工事

アスク新潟では、新潟県内はもちろん山形県・福島県など東北エリアをはじめとして東日本全域の広いエリアで塗床工事をさせていただいております。特に既設塗床の改修工事で御好評をいただいております。

工場の剥げた床工場の剥げた床拡大

塗床補修Before

工場のピカピカの床工場のピカピカの床拡大

塗床補修After

塗床ビフォーアフター2017年11月

2017年11月 塗床補修工事 2,800㎡

塗床ビフォーアフター2017年3月

2017年3月 塗床補修工事 1,800㎡

既設塗床改修工事の基本行程

工場の旧塗膜撤去(ハツリ)

旧塗膜撤去(ハツリ)

塗床の削り+プライマー

削り+プライマー

工場床の下地処理(樹脂モルタル)

下地処理(樹脂モルタル)

塗床の仕上げ

仕上げ

塗床改修完成

塗床改修完成

塗床工事に使用する機械

使用機械

用途別の塗床と材料等については下のバナーよりご覧ください。

床・廊下でお困りではないですか?アスク新潟がご提案します! - 詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください - お問い合わせフォーム